VR事業

ヴァーチャルリアリティツアーの紹介

ヴァーチャルリアリティツアーとは?

インターネットがつながっていさえすれば、スマートフォンやパソコン、ヴァーチャルリアリティ(以下VR)ゴーグルなどで手軽に立体画像をみることができ、かつ、その場にいるように動き回れる映像技術のことです。

グーグルストリートビュー

VRツアーの代表的なものといえばグーグルストリートビューです。

パソコンからなら以下の赤丸の人のマークをクリックすると見ることができます。

弊社で撮影させてもらった「問屋町トランクボックス」様

このようにグーグルの機能を使うと安価で建物の中をみてもらえるようになります。

お店というものは入ってみないとわからないものです。だけど初めてだと入りにくい。そんなお客様の心配を解消することができるので、新規で入店してくれる方が自然と増えていきます。

ただしグーグルさんを使う場合、マイナスな点もあって、まずグーグルがなくなったら世の中から消えるなどグーグルさんに依存してしまうことです。

自社でVRツアーを作る

自社でVRツアーを作ると、基本のシステム代は必要になってきますが、そのデータを好きなように利用できます。

それを利用して観光のお土産作りや新築物件の内覧会などに利用できます。特に内覧会などは人が住んでしまったら、中を見せることは当たり前ですがプライバシーの問題でできません。

ただし、一度VRツアーを作っておくと、その家に人が住んでしまっても、お客様に見せることができ、また体験してもらうことができます。

弊社で撮影させてもらった「林工務店」様の建物(ここクリックするとみることができます)

お問い合わせ、質問はこちらから